Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  レーシックの基礎知識 > レーシックってどんな手術

レーシックってどんな手術


レーシックは、視力回復のための最新の方法として、最近注目されています。
EYES
レーシックは、LASIK(Laser In‐situ Keratomileusis)生体内レーザー角膜切開手術と訳される、角膜屈折矯正手術の一種です。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることによって、視力の回復を目指す手術です。

レーシック手術は、希望する全員が受けられるものではありません。角膜厚が足りない場合や、合併症があるなどで、適応できない人もいます。また、10代などの近視が進行しつつある成長期のうちは手術が受けられません。18歳以降から受けられるようになります。
レーシック手術は、米国では年間に100万件以上実施されており、日本でも厚生労働省によって許可されています。世界的に確立した医療技術といえるでしょう。
レーシック手術に要する時間は、両眼で約10分です。検査なども含めて3時間程度です。術後は、しばらく視力が安定しないことからご本人の車の運転は控えるべきですが、帰宅することは可能です。入院は必要ありません。

実際、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておきましょう。きわめて強度の近視、乱視、および老眼が重なった方の場合は特にそうです。また妊娠中の方や全身疾患をお持ちのかたは手術を行うことはできません。

レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたっている医院もあります。

メガネやコンタクトの煩わしさから開放されたいと言うのは、眼の悪い方共通の願いではないでしょうか… その願いをレーシック手術はかなえてくれるのです。
レーシック手術のメリット
レーシック手術のリスク

関連コンテンツ

レーシック手術のリスク

レーシック手術はまだ歴史が浅いことから完全に安全とはいいきれません。レーシック手術も他の手術同様、失・・・

レーシック手術のメリット

眼鏡・コンタクトレンズを装着するが必要なくなるレーシックの手術を受けると、裸眼視力は、ほぼ間違いなく・・・

レーシック手術を受ける場合の手順

レーシック手術を受ける際の流れをご紹介します。相談まずは、レーシック手術を受ける医院を決定します。イ・・・

レーシック手術の前後に注意する事

視力回復のため新たな手法として、人気急上昇中のレーシック手術ですが、安全に、かつ効果的に手術が行われ・・・

レーシック手術のアフターケア

レーシック手術は、短時間で施術が終わることから、人気が急上昇している視力回復手術です。検査から手術の・・・

レーシック手術の問題点

レーシック手術は、いくら日帰り可能であるといっても、手術であることに変わりはありませんから、危険はあ・・・

レーシック手術の日本での認知度

メガネやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正のために手術を受ける人が急増しています。 ・・・