Story of EyesのTOPに戻る
「Story of Eyes」トップ >  レーシックの基礎知識 > レーシック手術を受ける場合の手順

レーシック手術を受ける場合の手順


レーシック手術を受ける際の流れをご紹介します。
カウンセリング

相談

まずは、レーシック手術を受ける医院を決定します。インターネットなどでレーシック手術を施術している医院やクリニックを検索し、いくつかの医院をピックアップして信頼できそうなところに、カウンセリングの予約を入れます。
検索

カウンセリング・適応検査・術前検査

レーシック手術を受けられるかどうかを詳しく検査し、その検査に基づき、医師やスタッフが細かいカウンセリングを行います。

この時点で、自分の希望や不安点などをきちんと伝えて、それに対するしっかりとした説明を受けて納得することが大切です。

さらに専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定するための正確な視力検査が行われます。

手術当日

当日検査から手術前の説明、レーシック手術の施術、術後の休息といった行程を経て帰宅となりますが、全体で3時間ほどの時間がかかります。

眼底検査の為、瞳孔を開く目薬を点眼する事と、術後は視力が安定しないことから、術後の車や自転車の運転は控えるようにします。

術後検査

手術の翌日、1週間後、1ヵ月後に検診を受けます。

関連コンテンツ

レーシックってどんな手術

レーシックは、視力回復のための最新の方法として、最近注目されています。レーシックは、LASIK(Lase・・・

レーシック手術のリスク

レーシック手術はまだ歴史が浅いことから完全に安全とはいいきれません。レーシック手術も他の手術同様、失・・・

レーシック手術のメリット

眼鏡・コンタクトレンズを装着するが必要なくなるレーシックの手術を受けると、裸眼視力は、ほぼ間違いなく・・・

レーシック手術の前後に注意する事

視力回復のため新たな手法として、人気急上昇中のレーシック手術ですが、安全に、かつ効果的に手術が行われ・・・

レーシック手術のアフターケア

レーシック手術は、短時間で施術が終わることから、人気が急上昇している視力回復手術です。検査から手術の・・・

レーシック手術の問題点

レーシック手術は、いくら日帰り可能であるといっても、手術であることに変わりはありませんから、危険はあ・・・

レーシック手術の日本での認知度

メガネやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正のために手術を受ける人が急増しています。 ・・・