Story of EyesのTOPに戻る

エピケラトーム


エピケラトームは、エピレーシックを行う際に使用される、角膜上皮の剥離を目的とした、フラップを作成するための専用の医療器具です。

レーシック従来のマイクロケラトームより、薄いフラップを作ることが可能で、角膜が薄い人でも手術が可能になり、より広範囲の患者に適用できる方法として期待されています。

関連コンテンツ

眉間角膜炎

原因は不明。角膜とフラップ間に白濁がおきる。 症状はかすみ・異物感・見えにくい。 早期発見・ステロイ・・・

イントラレースFSレーザー

イントラレース社製の医療用レーザー。 イントラレーシックでのフラップ作成に使われる。同じくフラップ作・・・

マイクロケラトーム

レーシックで一般的に使用される電動メス。 カンナのように、角膜の表面(角膜上皮)に切り込みを入れ、・・・

フラップ

角膜の表面部分(角膜上皮)を切り取って作成する蓋のこと。レーシック手術では、マイクロケラトームでフラ・・・

ヘイズ

角膜上皮下混濁のこと。 ヘイズ本来の意味は、曇り、かすみのことで、レーザー角膜屈折矯正手術においては・・・

ハロ・グレア

グレアとは、光がギラギラ光り、まぶしくて目に負担がかかっている状態のことです。 ハロとは、夜間に照・・・

ボーマン膜

ボーマン膜は角膜強度を成す一つの要因で角膜のドームの形状を維持する。という役割を担っていると考えられ・・・

収差

光の波長の違い、また光線がレンズを通過する角度や位置によって、光線の束である光束の集まる位置(焦点)・・・

エキシマレーザー

眼に当てても角膜を透過せずに角膜の表面のみに作用するレーザー。 熱や衝撃波も発生せず、コンピュータ制・・・


「エピケラトーム」のトップへ↑
「Story of Eyes」のトップへ↑