アロマと共に…のTOPに戻る

和のアロマオイル


日本にも昔から、香りの良い植物が豊富にあります。紫蘇やヨモギ・梅などはその代表格ではないでしょうか。
食の世界では、その国に応じた食べ物や味付けがあり、日本のレストランで食べられる殆どの外国料理は、日本人向けにアレンジされています。

アロマオイルも、日本独特のグリーンティーなどのエッセンシャルオイルを利用してアロマテラピーを行うと、日本人は安心し心が落ち着くようです。

日本のアロマオイルと効能

現在のアロマオイルは研究が進んでおり、日本ではお馴染みの香りも出てきています。

花粉症の影響で、むやみに日本の樹木の香りをお勧めできるわけではないのですが、中でも、竹や杉、よもぎ、柚(ゆず)、紫蘇、菖蒲、梅などの香りをかぐと、日本人としてほっとします。

中でも柚は、さっぱりした中に甘さもあり、どこか懐かしく大変好まれています。料理で使われていると、一味違ったおいしさになりますよね。

柚は血管を拡張させ血行を良くし、体を中から温めてくれる効能があるので、風邪をひきにくくします。冬には柚とはちみつを漬けた柚茶なんかも、身体も温まり喉にも良く嬉しいものです。
柚のはちみつ漬けは、苦味も少なく甘酸っぱくて、飲むだけでなくクッキーに付けてもおいしいです。

梅のアロマオイルも良い香りです。日本人がと聞くと、唾液が湧き出てくる酸っぱさを想像してしまいますが、アロマオイルの梅の香りは甘い感じです。
甘く何ともいえない良い香りが部屋に立ち込めるのは、お客様をお出迎えする玄関などにぴったりです。

竹は香りが薄いのですが、殺菌作用や浄化作用に優れています。
昔から日本人は、竹の皮に、おにぎりを包んだりお持ちを包んだりして、楽しんできました。こうすることによって竹の香りが包んだものに移り、良い香りがするのに合わせて、この殺菌作用の効能を生かして使われてきたのだと思います。

和のアロマオイルに使われている花は、樹木が多いです。お花見も兼ねて、梅や桜をのんびり見学するといったこともアロマテラピーと言えるのではないでしょうか。

関連コンテンツ

ローズヒップ

ローズヒップはヨーロッパ産の野生のバラの花が咲いた後に残る実のことです。ビタミンCの爆弾といわれる程・・・

イライラ解消のエッセンシャルオイル

スピードと情報社会の現代、いつもとは言いませんが、皆さん結構イライラしているのではないでしょうか… ・・・

エッセンシャルオイル購入の考え方

アロマのエッセンシャルオイルは種類が豊富で、効能もそれぞれに特徴があり、初めての購入する際には迷って・・・

落ち込んだ時には…

アロマテラピーによって落ち込んだ気分を変える効能も期待できます。 現代社会には色々なストレスが蔓延し・・・

ティーツリー

ティーツリーには強力な殺菌作用があります。オーストラリアの原住民アボリジニの間では、昔から皮膚や怪我・・・

ペパーミント

ミントは、古代からローマ人やエジプト人にも使われていました。歯磨き粉やチューイングガムの香料として有・・・

ゼラニウム

ゼラニウムはローズに似た香りのピンクの小さな花を咲かせます。 欧米では古くから魔除けの為に生垣に植え・・・

カモミール

カモミールは炎症や痛みを和らげる効能があります。湿疹やかゆみ、不眠、リラックスしたいときに利用すると・・・

ローズ

ローズは香りの女王と呼ばれており、ネガティブな感情を緩和し、心を穏やかに癒してくれます。 ローズオ・・・

セージ

アロマテラピーの上級者が利用するといわれているセージ セージは古くから薬用植物として利用され、多く・・・