アロマと共に…のTOPに戻る

アロマテラピーの注意点


アロマオイルを利用する際に、いくつかの気を付けるべき注意点があります。安全て有効に利用するために、正しい利用方法と注意点をしっかりと頭に入れ十分理解して使用に臨みましょう。

アロマオイルには多くの種類と多様な利用方法があります。そのつど注意しなければならないことも変化し、また、追加されます。
効能があるからこそ、好ましくない作用が起きてしまうこともありますので、必ず事前確認をし、安全に楽しくアロマテラピーを楽しみましょう。

アロマテラピーをするときの基本的な注意事項は、使用する用量を守ることです。
アロマエッセンスは香りの成分です。植物に含まれていた香りや効能が、いくつかの過程を経て凝縮され小さなビンに詰められています。もとの植物の状態より凝縮されているので、使用する際には用法、用量を守らねばなりません。
特に皮膚に付けるアロマテラピーの方法においては、必ず希釈(薄めて)して使用しましょう。強すぎるので直接皮膚に付けるとかぶれの原因となります。

アロマオイルにして使用する場合だけではなく、アロマテラピーの実践の際にも必ず用量を守りましょう。

アロマテラピーを行う際には、適度な換気を心がけましょう。
人間の嗅覚は疲れやすく、鈍くなるのも意外と早いものです。
香りがきつい・気分が悪い… と少しでも感じたら、すぐに換気を行いましょう。

アロマテラピーは医療ではありません。あくまでリラクゼーションを目的として、目的にあった利用方法で行いましょう。

妊娠中の方やお子様へのご使用は十分な配慮を持って行いましょう。子供は大人よりも効能の感じ方が敏感です。

アロマオイルは、健康な成人を対象とした癒し方法のひとつと考え利用してください。

関連コンテンツ

アロマオイル利用の注意点

アロマテラピーは、人の身体に影響を与える自然療法であるが故、注意して利用してください。 アロマテラピ・・・

アロマオイルと五月病

五月病は、春の季節を迎え、新入生・新入社員として新しい環境の中で、1ヶ月が経ち、まわりの環境に慣れた・・・

妊娠中にもリラックス

アロマを利用する方が妊娠中の場合には、ちょっと注意が必要です。まず、健康な妊婦であることが第一条件と・・・