アロマと共に…のTOPに戻る

アロマオイル利用の注意点


アロマテラピーは、人の身体に影響を与える自然療法であるが故、注意して利用してください。
アロマテラピーに期待される効能には、リラックスや癒しなどの効能が一般的で、これは人にとって良い効果ですが、これらの効能を出せるということは、人にとって悪い効果(影響)も出せるということです。

アロマオイルを利用するに当たっての注意点はたくさんあります。多種多様なアロマオイルが出回っていますが、用法を誤ると事故の元になります。

効能が好まれよく使われる、レモン・グレープフルーツ・オレンジ・ベルガモットなどの柑橘系のアロマオイルをご使用の際には十分注意しましょう。

成分の中に紫外線に反応して、肌に炎症が出る場合があります。しみになったり色素沈着やかゆみを起こしてしまうものが含まれています。

アロマオイル全般に言えることですが、アロマオイルを直接肌に付けた場合は、肌を直射日光に当てないようにします。
昼間は個人差はありますが7時間〜8時間は外に出るのを控えたほうが良いでしょう。夜間に利用することをお薦めします。

アロマオイルには引火性があります。高温多湿は避けて保管し、火気には十分注意しましょう。

アロマオイルにも使用期限があります。劣化したアロマオイルは酸化してしまいますので、使用の際に好ましくない作用が考えられます。もし、香りの変質が感じられたら、すぐにそのアロマオイルの使用を中止してください。

海外の本などではアロマエッセンスを飲むことを勧めているものもあります。ですが日本ではまだ推奨されていません。
内服することで消化器官に何らかの影響と体へのかなりの作用が考えられるため、自己判断で飲むことはおやめください。

アロマオイルはその効能を生かし、直接肌に付ける場合もあります。ですが全ての方に合うとは限りません。
敏感肌の方は、まずパッチテストを行ってからのご使用をお勧めします。

関連コンテンツ

アロマテラピーの注意点

アロマオイルを利用する際に、いくつかの気を付けるべき注意点があります。安全て有効に利用するために、正・・・

アロマオイルと五月病

五月病は、春の季節を迎え、新入生・新入社員として新しい環境の中で、1ヶ月が経ち、まわりの環境に慣れた・・・

妊娠中にもリラックス

アロマを利用する方が妊娠中の場合には、ちょっと注意が必要です。まず、健康な妊婦であることが第一条件と・・・