アロマと共に…のTOPに戻る

妊娠中にもリラックス


アロマを利用する方が妊娠中の場合には、ちょっと注意が必要です。まず、健康な妊婦であることが第一条件となります。
Pregnancy
妊娠する前までは大好きだった食べ物が、妊娠によって好みが変わったり、今までは感じなかった香りが気になったりします。これは、妊娠が原因で嗅覚が敏感になった事が原因の一つでしょう。

特に嗅覚が敏感になっている時期が、妊娠初期段階のつわりの症状が出ている時期です。

こんな時だからこそアロマを有効利用し、心理状態を安定させ身体にかかる負担を軽減させたいものです

嗅覚が敏感になるつわりの時期には、極低濃度のアロマオイルを使用します。マロウ・メリッサ・ラベンダーを薄めてほのかに香る程度のものをつくり、スプレーをお部屋に振り掛けます。
香りが感じられない程度の希釈で十分で、妊娠していない方が部屋に入ってきたときに、すっきりした印象を持たせる程度で十分です。

妊娠中に風邪をひいてしまった場合、産婦人科で薬を出してもらえますが、お腹のお子さんへの危険性を考えると、内服するのをなるだけ控えたくなります。
そんな時は、ハーブティーを利用しましょう。セントジョーンズワートやエキナセアのハーブティーがお薦めです。

頭痛を感じる際には、薄めたペパーミントかラベンダーのアロマオイルを首筋に塗ると痛みが軽減される効能があります。

産婦人科によっては、陣痛室で事前に選んだ、自分の好きなアロマオイルを焚いてくれる所もあります。

アロマオイルの効能を生かし、心身ともに健康を保ち余裕のある妊娠生活を過ごして、出産に臨みたいものです。

関連コンテンツ

アロマテラピーの注意点

アロマオイルを利用する際に、いくつかの気を付けるべき注意点があります。安全て有効に利用するために、正・・・

アロマオイル利用の注意点

アロマテラピーは、人の身体に影響を与える自然療法であるが故、注意して利用してください。 アロマテラピ・・・

アロマオイルと五月病

五月病は、春の季節を迎え、新入生・新入社員として新しい環境の中で、1ヶ月が経ち、まわりの環境に慣れた・・・